グリム童話

風の子

「風の子」第1話

空の高い高いところに浮かんでいる大きな雲の上に風の王国はあります。風の王国には大勢の風の妖精たちと、まだ妖精になれない風の子たちが住んでいます。

風の妖精たちは世界中に暖かい風や冷たい風、そよ風やつむじ風を届ける仕事をしています。

風の子たちは妖精の仕事の様子を見て勉強したり風を起こす練習をしたりする見習いです。

一通り勉強が終わった風の子は、王国を出て風使いの修行をします。人間や動物たち生き物のために風を使えるようになると、王国に帰って妖精となることが認められるのです。

さあ、今日も一人の風の子がみんなに見送られて風の王国を旅立って行きます。修行をして立派な風の妖精になるために・・・

風の子 第2話

風の王国を出た風の子が小さな町の上を飛んでいると、子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきました。下を見ると大きな木の周りに5、6人の小さな子どもたちが集まっています。

子どもたちは大きな木からひらひらと舞い落ちてくる花をつかもうとしているのでした。風の子は風に舞う花を追いかけて嬉しそうに笑う子どもたちを、しばらく楽しい気持ちで眺めていました。

風の子はふと、もっと花が舞い落ちたら子どもたちはもっともっと喜ぶのではないかと思いつきました。子どもたちが喜べば早く風の妖精になれるかもしれません。

風の子は強く大きな風を起こして木に咲いている花をいっきに散らして子どもたちが大喜びしてくれるとワクワクしながら様子を見ていました。

ところがみんな「お花がみんな散っちゃった!かわいそう!」と言って泣き出しました。子どもたちはたくさんの花が欲しかったのではなく、自然に落ちてくるひとひらひとひらの花を追いかけるのを楽しんでいたのです。

花を全部散らしてしまった後では、もうどうすることもできません。風の子は子どもたちに「ごめんね、ごめんね」と何度も謝りながら、次はもっとよく考えてから風を起こそうと決心しました。

風の子第3話

風の子は大きな町のはずれにある古い城壁の上を飛んでいました。小さな子どもの声が聞こえたような気がして石垣の辺りをよく見ると、男の子が「ママ、ママ」と言いながら泣いています。どうやら遊びに夢中になっているうちに迷子になったようです。

風の子がどうやって男の子を助けようと考えていると、長いきれいな尾の小鳥が話しかけてきました。小鳥は風の王国の鳥なので風の子の姿が見えて話もできるそうです。それから迷子の男の子のお母さんが町の通りで子どもを探していることも教えてくれました。

風の子はどうにかして男の子をお母さんのところまで連れて行ってあげたいと思いました。小鳥といっしょによい方法はないかと考えているうちに、ふときれいな小鳥の羽を使えないかと思いつきました。

風の子は小鳥から羽根を1枚分けてもらいました。それはお日様の光を受けるとピンクや黄色、青や紫などいろいろな色になるとびきりきれいな羽でした。風の子が泣いている男の子の目の前でその羽をひらひら飛ばせると、男の子は泣き止んで不思議そうな顔をしました。

そしてそのきれいな羽をつかまえようとして歩き始めました。ついに風の子と小鳥は羽をひらひらさせながら男の子をお母さんのところまで連れていくことができました。

喜ぶ男の子とお母さんの姿を見て、風の子はやっとよいことができたと嬉しくなりました。きれいな羽をもつ友だちといっしょに風の子の旅は続きます。

風の子 第4話

風の子と小鳥が大きな森の上を飛んでいると、森を飛び立つ鳥の群れをみつけました。どうやら遠くの国を目指しているようです。その中に巣離れをしたばかりの小さな鳥が1羽、いっしょうけんめい羽ばたいて仲間について行こうとしていました。

小さな鳥は小さな羽をがんばって動かしていますが、仲間の鳥たちからだんだん遅れていくようです。周りの鳥たちも心配そうに見ながら飛んでいました。風の子はどうにかして助けてあげられないかと考えました。

風の子は仲間から少し離れてしまった小さな鳥を助けるために、後ろから風を送ろうと思いつきました。風の子が指先に力を込めて小さな鳥に向かって風を送ると、なんということでしょう、風が強すぎて小さな鳥はあっという間に遠くまで飛ばされてしまったのです。

風の子は「しまった」と叫び、大慌てで小さな鳥の後を追いかけました。仲間の鳥たちは小さな鳥が突然遠くまで行ってしまったので、大騒ぎをしています。そこで風の子の友だちの小鳥は仲間の鳥たちのところに行き、心配しないで待ってほしいと話しました。

小さな鳥に追いついた風の子は慎重に風を操って仲間の元に連れて行きました。仲間の鳥たちもほっとしています。風の子は怖い思いをさせてしまったおわびに、鳥たちが向かっている国まで小さな鳥を助けながらいっしょに旅をすることにしました。友だちの小鳥もなんだか楽しそうです。

鳥の群れは無事に目的の国に着きました。みんなの嬉しそうな様子を見て、風の子と小鳥はとても幸せな気持ちになりました。次はどんなことが起きるのかな?

風の子 第5話

風の子と小鳥がよく晴れた空の下を飛んでいると、きれいな池を見つけました。小鳥が少し疲れていたので、池のほとりで休むことになりました。池のほとりには色とりどりの花が咲き、池の中には魚たちが暮らしているようです。

風の子たちが下に降りると、苦しそうな声がかすかに聞こえてきました。辺りを見回すと太陽の日差しで熱くなった石畳の上でカエルさんが動けなくなっています。よいお天気なので池の周りで遊んでいるうちに帰れなくなってしまったのでしょう。

早く池まで戻れないと大変なことになりそうです。風の子はいそいでカエルさんを助ける方法を考えました。そしてカエルさんのいる場所から池まで続く水の道を作ることを思いつきました。

風の子はつむじ風を起こして池の水を巻き上げました。途中で水を落としてしまわないようにつむじ風を操りながらカエルさんの元まで運びました。カエルさんの周りにやさしく水を撒くと、カエルさんは少し元気になったように見えました。

それから風の子は何度も何度も水を運んでカエルさんが池まで帰れる道を造りました。そして小鳥が水の道を歩いて池まで帰るようにカエルさんを励ましました。風の子も小鳥もカエルさんもいっしょうけんめいです。

やっと池まで帰ったカエルさんは池の中に飛び込んですっかり元気になりました。その様子を見て風の子と小鳥もとても幸せな気持ちになりました。次は誰と出会うかな?

 

ABOUT ME
ひろ
FXで大失敗して、真剣に悩み、お金の勉強、稼ぎかた、考え方、成功哲学、などを学び目標とする自分に向かい日々、切磋琢磨しております。 ここでは、皆の夢が叶うために、目標に向かい頑張れるように応援します。 オリジナル動画の配信なども行っています。 動画の編集、作成の仕事も受け付けております。
お金:生活:時間:不安な方必見

動画編集素材:時短用

動画編集で時間のかかる:effect:素材探し:効果音:BGM:ですよね?

探す時間+編集時間=割りに合わない

と思いませんか?

そこで、一番使ってみて、コストパフォーマンスが良かったと思える場所を紹介します

人生の時間は限られています。有効に使いましょう

productioncrate.com(動画編集用時短素材)

無料版(指定された素材:1日5セットまで〕
有料版(年間99ドルで使い放題)
素材の種類は凄く豊富で他のサイトに比べてかなりオススメ

ほとんどの方が知らないお金の勉強コーナー

日本では、お金の勉強ができていません

ただ、働けば生きていけると思っています

ですが、それでは一生奴隷みたいに働きます

定年も伸びて、年金も少なくなっていき、毎月のお給料下がっていませんか?

節約といいますが、節約は限界があります

お金がお金を生むシステム:お金の勉強をして、自由な時間、豊かな生活送りましょう



投資で資産を増やしていこう:まずは口座登録

投資:為替:行うにしても口座がないとできません

銀行に行って口座開設もできますが、面倒ですよね?

そこで、ネットで現在は、証券会社口座開設ができます

勿論、無料ですので、この機会に作ってみてください

複数登録してもOKです

証券会社事に、手数料:アプリ:などが違います

自分が使ってみて、気に入った場所を使いましょう




コロナ渦で不安:空気を綺麗にしたい:清掃専門業者

コロナ渦で、外出の頻度が下がっていませんか?

家にいる時間が増えて、普段気にならない:家の汚れ:空気の清潔さ

など気になったりしませんか?

家は、綺麗な方が、+の気持ちが働きいい方向に物事が動きます

夫婦喧嘩減少:イライラ解消:ゴロゴロ:

などメリットしか考えられません

でも、自分でやるのは面倒ですよね?

それなら、専門の業者に頼みましょう

綺麗にピカピカに短時間で清掃可能です

今回、ご紹介するのは、その中でも特に優秀な清掃業者さんしか登録していないサイトです

快適な室内に一度もどして、気持ち新たに生活していきましょう