オリジナル3D

blender:FLIP_Fluids:流体アニメーション作成方法

こんなものが作成できるようになる

紹介動画

文章にして解説

blender標準の流体エフェクトと、使い方は似てますが、標準エフェクトは設定が難しいですよね?そこで、もっと簡単なFLIP_Fluids、での流体エフェクト作成方法を紹介します。

blendermarketで販売中

1 最初の立方体を選択

本人
本人
Frip=ドメインに設定

2 水を出す素材を作ります

Frip=流入口

流入口=水道の蛇口と同じで、永遠発生

流出口=吸収するもの

ドメイン=ドメインに選択した素材の面積分が発生

3 障害物を設定

新しい素材を作る

Frip=障害物を適用する

4 Frip Fluid WhiteWater:選択

泡:気泡:飛沫:などを設定する

レ点だけ入れれば、そのままの設定でも大丈夫

5 ベイクします

一度に、液体、パーティクル、などをすべてベイクするので、細かい設定を変えたら再度ベイクが必要です

6 水のマテリアルを設定します

FripFluidMaterialsを選択して、マテリアルを設定

泡:飛沫:などのマテリアルも設定可能

7 HDRI設定:ライト設定

影:光:の影響でマテリアルの映り方が大きく変わります

書き出す前は、泡:などが変な感じですが、実際にカメラ、ライト、HDRI、などを設定して書き出してみるとかなり、いい感じになります

完成

どうでしたか?

簡単ではないでしょうか?

blender標準のアドオンでは、最初は、あまり上手にできませんでしたが、FripFluidwo使い始めてから、凄い綺麗に簡単にできるようになりました

本人
本人
  メチャクチャお勧めですよ

blender標準エフェクト:FripFluidの大きな違い

blender標準の液体アニメーションでは、細かくベイクできますが、FripFluid、では、一度に行うのが大きな違いです

blender標準の液体アニメーションでは、障害物がエフェクターと呼ばれますが、FripFluid、では障害物です

エフェクターは摩擦など細かい設定はできませんが、FripFluidでは、障害物に対して細かい設定ができます

FripFluidでは、複数の動く水のマテリアルが付属してますので、かなり楽です

水のマテリアルは、作成にコツがありますので、かなり、時短になります

 

ABOUT ME
ひろ
FXで大失敗して、真剣に悩み、お金の勉強、稼ぎかた、考え方、成功哲学、などを学び目標とする自分に向かい日々、切磋琢磨しております。 ここでは、皆の夢が叶うために、目標に向かい頑張れるように応援します。 オリジナル動画の配信なども行っています。色々な仕事の紹介もできたら嬉しいです。
広告やで!!!いいものあり

動画の編集などのお勧め



編集作業がかなり早くなります

詳しくは見てみてください

コロナ渦で不安:空気を綺麗にしたい:清掃専門業者

コロナ渦で、外出の頻度が下がっていませんか?

家にいる時間が増えて、普段気にならない:家の汚れ:空気の清潔さ

など気になったりしませんか?

家は、綺麗な方が、+の気持ちが働きいい方向に物事が動きます

夫婦喧嘩減少:イライラ解消:ゴロゴロ:

などメリットしか考えられません

でも、自分でやるのは面倒ですよね?

それなら、専門の業者に頼みましょう

綺麗にピカピカに短時間で清掃可能です

今回、ご紹介するのは、その中でも特に優秀な清掃業者さんしか登録していないサイトです

快適な室内に一度もどして、気持ち新たに生活していきましょう


スマホの保険

僕は、過去何回も携帯を落として壊しました。

よく、applestoreで直接購入するんですが、appleの補修は購入時にしか入れないんです。購入した後に、入ろうとしても入れないので、修理に高額な修理代金がかかりました。

〇〇ショップなどで、購入すればいいのですが、基本料金は安くなってきましたが、オプションが高いですね?そこで購入を考えてしまうんです。

あ、携帯のシムは、自分でシムを販売している、ネットワークビジネスやっていたので、そこのシムを使っています、なんでこんな話をするのかというと、今は、ネットワークビジネスやってないからです。どうでもいい話でしたね!

今回は、携帯の保険の話です。少しでも気なった方は、チェックしてみてね